Pixy Liao’s ‘Experimental Relationship’: How Does It Work?

日本語版は英語版の下にあります

What if a woman and man exchange their gender roles in a relationship? An art project ‘Experimental Relationship’ by Pixy Liao, a Chinese born American artist and photographer, was initiated with such a question that the artist conceived. Through the performative, female dominant mode of interactions, reflecting intimacy in a relationship as well as conflicts, Pixy ‘experiments’ with and challenges normative conceptions about gender roles in a heterosexual relationship. Although the work is created in the United States and the artist sees the majority of Chinese has not yet prepared to accept such works, the real target of this work would be the public of highly patriarchical society like China, Japan and other Asian countries. Indeed, Pixy approaches such an audience, examining social undertones and carefully selecting occasions and settings for the presentation of works, and as such, her works seem to have more opportunities to be viewed by the western audience and people with interests in contemporary art so far.

 

As she notes in the statement, Pixy started working on this series after realising that her new relationship with Japanese boyfriend Moro who is five years junior to her, ‘younger, prettier and obedient,’ would be taken as a form of subversion in her native China. In the photographs the roles of men and women are overturned as their relationship often is: Moro takes the role that conventionally a female has played, the ‘object of desire’; and who acts that the male counterpart tended to play is Pixy. Still, the work is not only to claim women’s power and more authority. Moro is not a silent, passive object, and in the process of production, he acts and interact, even creating new scenes, as Pixy said in an interview.

 

I see the world as an unequal place. There are always some people who have more rights than others, whether they are male or female. Pixy Liao in It’s Nice That

Furthermore, the body of work, since Pixy is Chinese and Moro is Japanese, touches on a complicated relationship between China and Japan. Therefore, their interactions can be read as a dialogue between Chinese and Japanese. The tension, the brutality, the affection, the control, the care… such elements of a romantic relationship addresse a different level of politics, which is about power in a wider sense—or about the imbalance between two subjects based on their inherent, cultural differences. Pixy expresses it as a ‘love-and-hate relationship’ and we see in an act of pinching nipple of one’s lover another dimension.

As she notes that her aim of the experiment is to find ‘a new equilibrium’ in this ‘unequal’ world—a project exploring power relations based on the sexual difference is, intrinsically, to see ‘how a relationship works.’

 

 

***

恋仲にある男と女がジェンダーの役割を取り替えたらどうなるだろう?--中国生まれのアメリカ人アーティスト・写真家ピクシー・リャオによるアート・プロジェクト「実験的関係」はそのような問いから始まった。親密さや不和など、カップルの最も日常的で個人的な領域を反映しながら、女性優位の関係についてのパフォーマンスでもあるこの作品を通して、ピクシーは異性関係におけるジェンダーの役割の常識に挑戦し「実験」している。作品はアメリカで創作され、彼女自身が、大多数の中国人には未だこのような表現を受け止める準備ができていないと考えているが、この作品の真のターゲットは、中国や日本、その他の圧倒的男性優位社会であるアジアの各国に住む一般市民なのだろうと思う。無論、ピクシーは社会の風潮を観察しながら、機会と場所を慎重に選んで、そのような層にアプローチしようとしているようだ。そういった訳で、このシリーズは今のところ、まず西洋のオーディエンスに、そして、現代アートに興味のある層に鑑賞される機会のほうが多い。

 

実験的関係(2007年〜)

中国で育った女性として、私は当然のように、歳上で成熟していて、保護者であり助言者になってくれるような男性しか愛せないと思っていた。そんななか、現在の恋人となるモロに出会った。彼は私より5歳若く、彼と付き合うことで、それまでの男女関係に関する概念がひっくり返るように感じた。私は、権威と力を持つ側にまわった。男友達から、一体どうして男が彼女を選ぶ時みたいに彼氏を選ぶことができるんだ、と訊かれたこともある。その時、私は、こう思ったんだった。「ああ、そうか。それが全く以て私が今やっていることなのだ。何が悪い!」

その時から私は、この関係についての実験を始めた。ありとあらゆるシチュエーションを作り上げ、モロと私とで演じた。その写真は、異性関係の新たな可能性を探求し、その常識に異論を投げかけるものだ。男性と女性が性と力の役割を交換したら、何が起きるだろうか?また、私の恋人が日本人で、私が中国人であることから、このプロジェクトは、愛憎関係についても探求している。

これは、私たちの関係とともに成長してゆく進行形のプロジェクトでありながら、決して、記録を意図したものではない。

ピクシー・リャオ HPより(筆者翻訳)

 

アーティスト・ステイトメントにあるように、5歳年下の日本人男性モロと付き合い始めたピクシーが、自分より「若くて、可愛らしくて、従順な」男性と付き合うことが彼女の出身国・中国などでは逸脱的な行為であることに気づいたことから、このシリーズを撮るようになった。写真のなかでは、ピクシーとモロの関係性がそうであるように、男性と女性の役割が入れ替わり、モロが慣習的に女性が担ってきた役割<欲望の対象>を演じ、働きかけるのは、ピクシーである。しかしながら、その作品は女性の主権や権威を主張するだけのものではない。ピクシーがインタビューで語るように、モロは、受動的な、物言わぬ物体ではなく、製作過程において、行為し、アイデアを持ち、時に新たな場面を作り出す存在でもあるという。

 

世界は不公平な場所だと思います。いつも、男女に関係なく、他の人よりも多くの権利を持つ人がいます。―ピクシー・リャオ「It’s Nice That」でのインタビューより抜粋 この作品はさらに、ピクシーが中国人で、モロが日本人であることから、中国と日本の間の複雑な関係性に触れており、ピクシーとモロの行為は、中国人と日本人の対話としてみることもできる。そこに写っている緊張、残虐さ、愛情、そして支配...ロマンティックな関係のさまざまな側面が、異なるレベルのポリティクス、いわば、生得的、文化的差異にもとづく不均衡にまつわる力関係を示している。ピクシーはそれを「愛憎関係」と表しており、そう言われてみれば、愛する者の乳首をつまむ行為は別の次元でも捉えられると気づく。

ピクシー自身がこの実験の意図を、この「不公平な世界」において「新たな均衡性」を見つけるためと記すように、性差にもとづく力関係にまつわる試みは、本質的には「ある関係性の可能なあり方を探る」ということに尽きるのだろう。

Advertisements
View All

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s